茨城県商工会青年部 常総市災害ボランティア

2015年9月23日|修業日誌

CIMG1328

シルバーウィーク中の9月21日に先日の豪雨による鬼怒川氾濫の被害に遭われた常総市で茨城県商工会青年部の災害ボランティアに参加してきました。

CIMG1297

連日茨城県内各地の商工会青年部から多くの青年部員が駆けつける中、東海村からは8名が参加しました。

CIMG1299

長靴やゴム手袋などを各自持参し、1台の車に乗り合わせて住民の方から要望のあった瓦礫回収の現場に向かいます。

現場に着くと沢山積み上げられた瓦礫とごみの山に皆圧倒されました。

CIMG1298

CIMG1302

住民の方のお話しを聞くと、地主さんのご好意で私有地にごみを置いておいたところ、浸水で家財などのごみの置き場に困った方々が勘違いされて次々と投棄されてしまい、いつの間にかこんなに大きな不法投棄のゴミの山ができてしまったという事でした。

CIMG1300 CIMG1301

市内にはこのような瓦礫の山が随所にあるということで、一つ一つ重機やボランティアの手作業でトラックに積み込み搬送していきます。

CIMG1306 CIMG1309

CIMG1308 CIMG1322

水に浸かったごみの重さと悪臭に悪戦苦闘しながらも皆で協力して撤去していきます。

CIMG1313

お昼になると持参したお弁当と差し入れのお水を補給して暫し休憩。

CIMG1317 CIMG1324

CIMG1321 CIMG1320

CIMG1319 CIMG1323

あれだけ沢山あったごみの山も青年部員の協力でなんとか撤去することができました。

CIMG1327

引き続き間を置かず次の現場へ

今度は特に被害が多い川の沿岸部で、2mの高さまで浸水した地域の公民館でした。

先ほどとは比べものにならないほど延々と続く瓦礫とごみの山に唖然…

CIMG1332

CIMG1333

CIMG1338

CIMG1342

残りの時間で少しでも多く撤去しようと皆で作業に取り掛かります。

CIMG1339 CIMG1343

CIMG1344 CIMG1340

今回よく見かけたのが水に浸かって使えなくなってしまった畳。

ただでさえ重い藁畳が水に浸かるととてつもない重さになって運ぶにも一苦労しました。

畳屋として残念なことですが、住民の方が早く新しい畳を使える日が来てほしいです。

CIMG1307 CIMG1341

公民館の中には県内の商工会青年部から集まった支援物資が置かれ、時おり住民の方が訪れては必要な物を取っていかれて役立っているようでした。

CIMG1337

CIMG1334 CIMG1335

最後は時間オーバーで二つ目の現場は一部だけ撤去して終了しました。

CIMG1347

私はたった一日だけの参加でしたが、連日多くの青年部員の方が駆けつけ、毎日参加されている部員の方もいらっしゃるようでした。

11226050_624577194351044_6582794465656611885_n

12049567_624220257720071_1654693248524403226_n

商工会青年部の部員は自営業者が中心なので、建設関係の方は重機を動かしたり、産廃関係の方はごみ運搬をしたり、飲食関係の方は炊き出しをしたり、プロとして各々の得意分野を活かしてボランティアで活躍されている姿が印象的でした。

CIMG1328

今回初めての災害ボランティアの参加でしたが、商売をさせていただく自営業者として、災害など地域が困難に見舞われた場合どのように貢献していくか学びを得ることのできた貴重な機会となりました。

これからもボランティアに参加し微力ながら貢献していければと思います。

2015年9月23日|修業日誌