2回目の熊本い草研修④「朝3時からの窯入れ・窯出し」

2016年8月8日|熊本研修 修業日誌

13600082_1141412129212205_5652493991721856614_n

研修2日目は、まだ真っ暗な午前3時から作業開始。

辭頑悽蜀咏悄・・C0039.00_50_23_08.Still015

刈り取りの時期の八代のイ草農家さんは、昼間の強い日差しと暑さをさけるため、ご家族全員で毎日早朝から作業をされます。

辭頑悽蜀咏悄・・C0039.00_45_57_55.Still012

泥染めの後、乾燥させたイ草を袋に詰めていく「窯出し」をお手伝いします。

13592570_1141412119212206_2444254046842113639_n

乾燥した泥の粉が部屋中に飛び散るため、マスクをつけていないと作業できません。

13600082_1141412129212205_5652493991721856614_n

袋詰めしたイ草を、全て担ぎながら倉庫に積み込んでいきます。

かなりの数と重さです(^_^;)

13615508_1141412139212204_7731247821383258978_n

そして、昨日刈りとって泥染めしたい草を乾燥室に搬入する「窯入れ」。

このイ草は丸一日かけて窯の中で乾燥させていきます。

13619888_1141412162545535_235542044872394241_n

13658981_1141412219212196_5740958553262635507_n

辭頑悽蜀咏悄・・C0039.01_00_00_03.Still017

辭頑悽蜀咏悄・・C0039.01_08_03_47.Still019

気が付いたら外が明るくなっていました。

暗いうちから、いきなり続く重労働に眠気も一気にふっ飛びます。

辭頑悽蜀咏悄・・C0039.01_08_57_09.Still020

朝ごはんを食べた後は、すぐに田んぼへイ草の刈り取りに向かいます。

DSC_0777
2日目ともあって慣れてきたねと言ってもらえました(^o^)

DSC_0783

隣についてくれた農家さんの息子さんは、少しコワモテでしたがとても優しく丁寧にイ草の束を積み上げていくコツを教えてくれました。

DSC_0786

毎年この時期は、会社のリフレッシュ休暇をとって実家のお手伝いをしているそうです。

イ草の収穫はまさに家族全員参加のチーム戦です。

 

その後、明日の刈り取りに備えて、伸びたい草が倒れないように張っていた網掛けの網を外していきます。

網掛けをするときには、倒れないように木の杭や黒い棒をしっかりと打ち込んでいます。

辭頑悽蜀咏悄・・C0039.02_02_22_39.Still041

そのため打ち込んだ木の杭などを抜き、張っていた網を外していくのも一苦労です。

ぬかるんだ田んぼに足を取られながら、少しづつ外して行きます。

 

DSC_0888

イ草を刈り取る機械を入れるスペースを作るため、一株一株鎌を持って刈って行きます。

13599926_1141658802520871_5332902398008156300_n

DSC_0905

手を切らないように注意しながら、私も貴重な手での刈り取りを教えてもらいました。

13658923_1141658812520870_1665474641870477757_n

13631555_1141658832520868_7347249453523707481_n

一昔前は、機械を使わず全て手で刈り取っていたと思うと、昔の人は凄いなと思います。

 

そしてやっとこさお昼ごはん。

地元の人に愛される、八代の有名店。

ちゃんぽんが大人気の「みやべ食堂」に連れてってもらいました。

DSC_0865

大量の具に、野菜炒めのようにソースをぶっかけて食べるちゃんぽんはめちゃくちゃ美味しかったです(*^▽^*)

たくさん働いた後のご飯は格別ですね。

 

気分的にはもう夕方6時くらいの感覚なのですが、まだお昼という事実。

午後からもハードで濃密な研修が続きます。

2016年8月8日|熊本研修 修業日誌