3回目の熊本い草研修③ い草の田んぼで実地レクチャー

2017年10月8日|熊本研修 修業日誌

DSC09530

1年ぶりの熊本県八代市に到着しました。

DSC09472

小雨の中の田んぼではまさにい草刈り取りの真っ最中です。
DSC09475

DSC09478

お世話になっている瀬海秀人さんに、い草についてレクチャーしていただきました。

瀬海さんはイ草農家さんの事業組合「松品会」で事務局をされていて、生産者のサポートや取りまとめなどをされている方です。

DSC09486

刈り取ったい草を1番草、2番草などと番号を付けて長さごとに選別します。

DSC09489

い草は根と穂先が弱く、真ん中の幹の部分を畳に使える長いものほど高価になります。

DSC09481

1本のい草を手に取り、爪先で綺麗に割いてみると。

DSC09501

DSC09511

中からスポンジ状のものが出てきます。

DSC09513

これは「灯芯」と言われる部分で、フィルターの役割を果たし、お部屋の空気を綺麗にしたり空気中の湿気を取り込んでくれます。

夏の湿度が高い時期でも和室が涼しく快適に感じるのはこの灯芯部のおかげなのです。

pic11

左が国産い草、右が中国産い草の断面図です。

良質ない草ほど中身がみっちり詰まっていて、灯芯部分もしっかりしています。

スクリーンショットs2013-07-17s16.43.31

長い草ほど高値で取引されるので、外国産い草では化学肥料を使ってどんどん背を大きくし、中身を軽視してしまうこともあるそうです。

DSC09548

しかし、時間と手間をかけてゆっくり背を伸ばし、中身が充実させたい草ほど長く安心して使える畳表になるのです。

DSC09556

ちなみに、昔はこのい草の灯芯部を灯油にひたして火をともすことで、あかり台として広く利用されたことからその名がついたそうです。

ans-380193792

本で読んだ知識も、田んぼの目の前でい草を手に取り、現場の方に直接教えていただくとより詳しく理解することができました。

DSC09522

DSC09538

その後、研修でお世話になるい草農家の草野雄二さんにご挨拶。

DSC09628

3日間よろしくお願いします!

DSC09625

ご自宅にご案内していただき、刈り取ったばかりのい草を井戸水のシャワーで冷やす工程を見学させていただきました。

DSC09638

DSC09657

ご自宅の畳も拝見。

DSC09642

イ草農家さんのご自宅だけあって、とても良い畳表を使っておられました。

ムラなく日焼けした黄金色の温かみがとっても綺麗です。

DSC09645

長さも中身もしっかりしたい草は、時間が経つほど綺麗になるんだなと感じます。

しっかりと目に焼き付けて、少しでもい草の目利きができる力を付けていきたいです。

DSC09646

奥が深い研修もまだまだ始まったばかり。

次は、あの畳の良い香りの秘密、「い草の泥染め」を見学させていただきます。

19884194_1495831150436966_4832503995562060999_n

つづく

2017年10月8日|熊本研修 修業日誌