オリジナルキャラクター制作奮闘記③「個性を出そう!」

2015年9月8日|修業日誌

img56404726

少しづつ具体的に動き始めたオリジナルキャラクター制作。

11416301_930436696976417_1711175023983275509_o (1)

ベースとなるデザイン案が決まり、さらに改良を加え、もっとキャラクターの個性を出していくことになりました。

とりあえず今のデザインからより「畳屋さんらしさ」出していくことに。

218128

畳屋さんらしさって何だろう・・・。

お店の古い職人さんの写真を見て昔ながらの畳屋さんのイメージを固めていきます。

 

まずは「足袋」

最近は履いている畳屋さんも減りましたが、昔は職人さんはみんな履いていました。

img56404726

綿の素材が蒸れにくく新しい畳に足跡がつかなかったり、足裏で畳の凸凹を感じ取ったり、「又割れ」(指が別れる部分)が作業効率を上げてくれたり、昔ながらの畳づくりには欠かせないアイテムです。

 

次は「前掛け」

11164868_911852082168212_2951642119858997921_o

10998003_906289392724481_993235743265222971_o

畳を作るときに藁やイ草が飛び散って作業ズボンにくっ付くので結構重宝します。

屋号も入るので世界で一つのお店のキャラクターとして個性が出るかなと思いました。

 

また「畳に詳しい人にはわかる、細かいディティールのこだわりを入れてみませんか?」とイラストレーターさんに言われ畳縁ベルトの柄を変えてみることにしました。

11416301_930436696976417_1711175023983275509_o

 

デザイン案はよく一般の畳縁に使われる菱や菊の紋ですが、これを「高麗縁」というかつて親王や大臣、公卿など高貴な身分の人に使われていた畳縁の柄にしてみました。

現代では寺社仏閣などでよく使用されている畳縁です。

kourai12gouse

数ある高麗縁の中で採用したのは「七宝 銀」という柄。

形がカッコいいのと、丸いフォルムがベルトのバックルに使用しやすいと思い選んでみました。

 

以上のアイディアを踏まえて改良させたキャラクターがこちら

 

Before

11416301_930436696976417_1711175023983275509_o (1)

After
1433771261252

 

かなり畳屋さんらしい個性的なキャラクターになりました!

少し怖いという意見もあった黒から茶に色を変えて親しみやすさを出してみました。

スタッフの評判もかなり良好。

 

しかしじっくり見てみるとまだ何かが足りないような気がします…

少し表情が可愛いすぎてちょっと頼りないような気がしました。

 

そこで思いついたのが「眉毛」

003817

 

きりっとした凛々しい太眉をつけてみることにしました。

11415288_934704166549670_4840465929610936113_n

 

眉毛がついて表情に意志の強さと信頼感のあるかなり男前になりました。

細部の違いでこれだけ印象が変わってしまうのが面白いですね。

 

これでついにキャラクターデザインの完成です!

ここから様々なポーズをつけていきます。

いよいよキャラクターの姿が見え、ここからの展開に俄然やる気が出てきました!

 

つづく・・・

2015年9月8日|修業日誌